盗聴器を発見することは素人だと難しい|プロに探してもらおう

作業員

どんなシーンにも利用可能

調査員

位置を特定できるGPSは小型のものもあります。小型GPSだと、持っていることを気づかれにくいために追跡には便利なアイテムとなるでしょう。使用するために、購入する方法もありますが、高価なためレンタルをするという手もあります。

詳しく見る

情報漏れの不安を取り除く

女性

個人情報保護法によって個人や企業の情報が守られています。反面、違法行為によって情報を盗もうとするケースが増えています。最も簡単なのが盗聴器です。情報を盗まれると様々なリスクが生じます。それを未然に防ぐには興信所や探偵社に定期的に盗聴調査をしてもらうことです。高性能の探知機で簡単にチェックできます。

詳しく見る

盗聴を防ぐために

虫眼鏡

年間20万から40万台

貴方の会社内や自宅で盗聴器が発見されたことはありますでしょうか。こんな事を尋ねる前に大抵の人は盗聴器が自分の身の回りに設置されるなど想定していないでしょうし、テレビ、映画の世界の話であり自分には関係ないことだと思うでしょう。ところが盗聴器は日本全国で販売されており、その販売台数は年間にして20万から40万台と言われています。目的は様々でしょうが、その機能としての性質を考えれば他人のプライベートやビジネス情報を探るために盗聴器を活用するというのは誰でも想像できます。年間20万から40万台という膨大な数の盗聴器が流通していることで、自分の身の回りでも設置されているかも知れないと思うのが当然であると言えます。

性能に違いのある調査器

そう言われると不安になりますよね。もし自分の部屋に盗聴器が仕掛けられていたら、誰がどういった目的で監視しているのかと考えるととても怖いです。それを調査する方法は盗聴器発見器を使うことです。スタンダードな価格帯は3000円から一万円を超えるくらいなので一般の方でも購入しやすい値段になっています。この発見器で実際に盗聴器を見つけられるのかと言うと盗聴器にも色んな種類がありまして高性能なものは発見されにくいようです。ごく単純なものであれば見つけやすいでしょうが、すべてを探し出すことは難しいでしょう。もし本格的に調査をしたいのであればワンランク上で探偵事務所が使用しているような値段の高い高性能の調査器を手に入れるか直接プロに依頼することです。

様々な危機管理に

作業者

危機管理方法としてレンタルgpsを利用する方法もあります。また、レンタルgpsを活用すれば高額な資産価値のある品物が盗まれた時に、直ぐに犯人の特定が行えます。そして、レンタルgps自体の特徴は精度が高く、移動データも残せることです。

詳しく見る